会社概要・沿革

企業概要

商号 日機愛媛株式会社
創業 昭和38年3月
資本金 4,000万円
代表者 竹下明伸
従業員 44名
本社 愛媛県松山市空港通四丁目3番43号
南予営業所 愛媛県宇和島市高串3-10-1
東予営業所 愛媛県四国中央市三島中央1丁目1-85
事業内容 空調・冷凍冷蔵設備・エレベーターの設計・施工・メンテナンス及び、 日立製品の販売を行う。

特約店・特約代理店

建設業許可事業

沿革

昭和38年3月 松山市竹原町605番番地にて創業。資本金500万円にて日立製作所愛媛県特約店として営業開始。
昭和40年10月 日機愛媛株式会社として会社設立。
昭和41年8月 本社を松山市生石町222番地に移転。
昭和43年12月 資本金800万円に増資。
昭和44年12月 資本金1,200万円に増資
昭和46年12月 資本金1,800万円に増資
昭和49年3月 管・機械器具・水道施設工事許可認定
昭和55年12月 資本金3,000万円に増資
昭和56年12月 松山市南斎院135番地(現 空港通四丁目3番43号)に本社移転
昭和59年9月 宇和島市高串に南予営業所開設。
平成4年12月 資本金4000万円に増資。
平成6年6月 冷房フロンガス回収事業所認定。
平成13年9月 本社事務所新築。
平成14年3月 第一種フロン類回収業者認定。
平成14年9月 販売管理ソフト導入及び社内LANの構築
平成21年10月 第47回技能五輪全国大会・冷凍技術部門にて小笠原 慎選手が銅賞受賞。
平成23年11月 四国中央市三島中央に東予営業所開設。

SDGsへの取り組み

日機愛媛株式会社は持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。

人・社会・環境に配慮した持続可能な
企業を目指します。
「技術」と「信頼」で快適な環境づくりを
通して社会に貢献します。
地域とともに成長する
「人」と「企業」づくりに研鑽します。

エネルギーの高効率化

イニシャルコストだけにとらわれず、インバータ機・ヒートポンプ暖房・給湯の普及などエネルギーの効率化製品やデマンドレスポンスの推進もおこないます。
今後はZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)への取り組みにより、より高度なスマート・eco・ソリューションにチャレンジしてまいります。

地球温暖化ガスの削減

社用車に燃費の良いハイブリッドエコカーの導入を推進し、CO2(温室効果ガス)排出量の削減をして低炭素社会の実現に協力してまいります。
フロンガスの漏洩点検の推進を図り、市場での冷媒転換や回収・再生・破壊の管理を徹底していきます。
ISO14001認証取得し、鉄・紙類のリサイクルなども行っています。

健康と安全

定期的な健康診断と長時間労働・過重労働の防止に努め、社員の健康を推進しています。
技術と知識を備えた定年後の社員の再雇用を行っております。
安全パトロールや各種安全教育によって、現場災害事故の撲滅に取り組んでおります。

人材育成

業務上必要な資格取得には、会社で全額サポートし、取得後には資格手当を支給しており、高いスキルを持った人材の育成につながっております。
定期的な個人面談や個人成長シートによって仕事のレベルの見える化を図り、適正な目標設定と評価で昇進や昇給にも連動しております。
永年勤続表彰など各種表彰制度を取り入れ、社員のモチベーションアップを図っております。

持続可能な開発目標 (SDGs) とは?

SDGs( エス・ディー・ジーズ ) とは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。
SDGsは2015年9月の国連サミットで採択されたもので、国連加盟193か国が2016年から2030年の15年間で達成するために掲げた目標です。
達成すべき具体的な目標として「17のゴール・169のターゲット」から構成され、企業にもSDGsの達成に向けた取り組みや貢献がこれまで以上に期待されています。